テーマ:エッセイ

惑 う ~覗いた青空

― 青函連絡船・洞爺丸沈没の大惨事 ― ☀ 現在、広島県に在住し、公益財団法人・広島平和文化センター理事長の職にある米国人のスティーブン・リーパーさん(65)は、今の仕事について次のように語る。今の事業に打ち込んでいるのは、洞爺丸遭難沈没事故(1954(昭和29)年9月26日)で亡くなった父親のディーン・リーパーさん(当時…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

帰 省… “駅前テント村”夜話

☆ ☆ ☆  例年の如く日本国内では昨年の年の瀬も、年末年始を海外で過ごす人たちの出国ラッシュや故郷で過ごそうという人たちの帰省ラッシュが暮れの29日をピークに始まり、空港や高速道路、新幹線などが相変わらずの混 〈 中国の旧正月帰省ラッシュ 〉 雑ぶりを示した。その年末にメディアを賑わす帰省ラッシュは、何も日本に限った現象ではな…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

かつての津軽海峡余話

~ 私にとって初めての津軽海峡は、彼の青函連絡船の洞爺丸事故後2年経った1956(昭和31)年秋(9月)の北海道への修学旅行のときで、高校3年生の青春真っ只中のことだった。                             〈 我が青春・青函連絡船摩周丸船上 1956.9 〉  上野駅を発った夜行列車の車中で、担任の先生から配…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

因む ~月の使者ニール・アームストロング氏逝く

 結婚して、私が第二の人生に第一歩を踏み出したのは、1969(昭和44)年4月26日のことだった。その後間もない、およそ3ヵ月を過ぎた同年7月に、人類の宇宙への恒久的な夢であった月への着陸という偉業達成がこの地球にもたらされた。この人類初の月面着陸は、新婚間もない当時の私にとっては、新生活の新鮮さもさることながら、その気持ちをさらにリフ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小さな島から大きな問い

 10年に一度、世界各国のリーダーたちが一堂に会して地球の未来について話し合う、国連最大級の国際会議・地球サミット(本会合)がこの(2012年)6月20~22日にわたりブラジルのリオデジャネイロで開催される。  地球環境の保護と途上国の発展を両立させる世界的な枠組づくりを目指し、最初の地球サミット(国連環境開発会議)は1992年にその…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more