JR北海道の現況に見る

過酷な自然環境の下、広大な大地を走る鉄路を国鉄改革(1987(昭和62).4.1)により継承して新発足したJR北海道(北海道旅客鉄道株式会社)は、発足当初から予想された脆弱な経営基盤の懸念や厳しい経営環境に対し国からの経営安定基金(政策的経営支援・2200億円)の供与を受けるも、常に厳しい経営状況の下に置かれてきた。そのためJR北海道…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

9兆円事業へゴーサイン ・ リニア中央新幹線

― リ ニ ア 中 央 新 幹 線   〈 リニア中央新幹線本格着工の認可を発表する太田昭宏国土交通相 2014.10.17 〉  リニア中央新幹線品川~名古屋間の工事実施計画について国に認可申請(2014.8.26)を行っていたJR東海に対し、政府(太田昭宏国土交通相)は2014年10月17日に建設着工へゴーサイン(認可)を出した…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

輸送改善への挑戦 ・ 鉄道貨物

― ― ☆ ☆ ― ―  日本の鉄道貨物輸送の大宗はJR貨物(日本貨物鉄道(株))が担っており、その最大の特性は言うに及ばず一度に大量の物資を長距離輸送できることにある。その輸送改善を行うにあたって今日では、世界的規模での対策を迫られている地球環境問題(地球温暖化対策)や物流業界における現状および環境(CO2排出削減対策、モーダルシフ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

端末輸送にモーダルシフトの兆し

 温室効果ガス による地球温暖化をはじめとする地球規模の環境問題に対し突きつけられた課題は、世界の英知を傾けて解決の途を探っていかなければならない今世紀最大の難題だ。その中でも、人や物の移動手段(交通機関)として世界を席巻する自動車交通が排出するCO2(二酸化炭素)は、地球温暖化を招く最大の元凶として今、その対策への挑戦が全世界で続けら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

汽車の時代と文学

☆☆☆ …『用事がなければ、何処へも行ってはいけないという訳はない。何にも用事がないけれど、汽車に乗って大阪へ行ってこようと思う。しかし“用事がない”というその境涯は、片道しか味わえない。なぜと言うに、行く時は用事はないけれど、向こうへ着いたら着きっ放しと言うわけにはいかないので、必ず帰って来なければならないから、帰りの片道は冗談の旅行…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

LCCと鉄道の動向に寄せる

☆━ LCC(Low Cost Carrier:格安航空会社)の元年といわれた2012(平成24)年から2年余りが経過した現在、国内航空市場に本格参入を果たしている日本のLCCは「ピーチ・アビエーション(APJ)」(関西国際空港を拠点)、「ジェットスター・ジャパン(WAJ)」、「エアアジア・ジャパン(同)」(ともに成田国際空港を拠点)の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

交通系ICカードと活用サービス

◇… 2014(平成26)年6月17日に開かれた観光立国推進閣僚会議(内閣総理大臣主宰)で決定された「観光立国実現に向けたアクション・プログラム2014」(訪日外国人旅行者数2000万人に向けた2020年アクション)の実現に向け政府は、交通・鉄道の分野で訪日外国人が気軽に安心して国内観光旅行を楽しむことができるよう、外国人にも利用し易く…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

観光立国実現へ交通系ICカードの存在

訪 日外国人旅行者数が800万人台に止まっていた2012年であったが、翌2013年には日本政府の観光庁(国土交通省)が1964(昭和39)年に統計を採りはじめて以来半世紀を経て初めて1000万人台(1036万4千人:前年比24%増)に到達した。その増加の要因には、円高是正(円安)に伴う旅行費用割安感の浸透、東南アジア諸国に対する査証(観…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

蒸気機関車と男たち(機関士・機関助士)

蒸 気 機 関 車 と 男 た ち (機関士・機関助士) …その1  鉄道といえば、全国津々浦々の鉄路をくまなく蒸気機関車の牽く列車が席巻していた戦前の印象が強く、蒸気機関車の存在が日本の鉄路の姿を象徴的に顕していたと言っても過言ではないようだ。左腕に、“機関士”の黒い三文字を浮き上がらせた白い腕章を巻く機関士の凛々しい勇姿は当時、幅…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

山積みの環境影響課題に挑む ・ リニア中央新幹線

◆ 東京・神奈川・山梨・静岡・長野・岐阜・愛知の7都県を通り、東京(品川)~名古屋間全長286.0kmを最高速度505km/h・最速40分で結ぶリニア中央新幹線は、建設事業費約5兆4000億円をかけ2027年の開業を目指して現在、本格的な建設工事着工(2014年秋予定)へ向けた環境アセスメント(環境影響評価)の手続きが最終段階を迎えてい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

繋がってこそ“三陸鉄道”

☆~☆ 宮城・岩手・青森(かつての陸前・陸中・陸奥)各県の太平洋岸に沿うリアス式海岸で知られる三陸地方を走る第三セクターの三陸鉄道(本社・岩手県宮古市栄町)は、東日本大震災(2011.3.11)により甚大な被害を受けて列車の運行を全面的に休止して以来、国の全面的支援などを得て復旧可能な被災区間から鋭意復旧工事を進めてきた結果、最後まで不…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

15歳未満人口と鉄道

◎ ◎ 総務省は2014年5月4日、同年4月1日現在における日本の15歳未満の子どもの数が昨年より16万人減少した1633万人と、33年間連続で減少を示したことを発表した。その上、この1633万人の子ども人口が総人口に占める割合が12.8%と、40年連続の下落(1974(昭和49)年の24.4%を境に)を続け、世界の人口4千万人以上の3…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

対峙する新局面 ・ リニア中央新幹線

     ~ 対峙する“ 新局面 ” ・ リニア中央新幹線 ~ ━ 東京~大阪間を最速67分で結ぶ、2045年に全線開業を予定するリニア中央新幹線(超電導磁気浮上式鉄道)に関しJR東海は、2027年に先行開業を目指す東京~名古屋間(およそ286km)に対する年内(2014.10)の工事着工予定に向け、同年4月23日に環境影響評価…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

半世紀を走る ・ 東海道新幹線に因む

= 半世紀を走る ・ ・ ・  今年(2014)、世界の鉄道高速化幕開けのパイオニアとして東京~新大阪間に誕生した東海道新幹線(実キロ515.4km・営業キロ552.6km)は、東京オリンピックイヤーの1964(昭和39)年10月1日に開業してから50周年を迎える。東海道新幹線は、日本の経済・生活・文化の大動脈である東海道における輸送…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

リニア中央新幹線に寄せる

⇒⇒ 東京~大阪間を67分で結ぶリニア中央新幹線(2045年開業予定)は、国の年間公共事業費に匹敵する9兆円という巨額の建設費を投入する前例のない巨大プロジェクトである。さしあたって、5兆4千億円をかけ、東京~名古屋間が13年後の2027年に先行開業する。  現在は、東京~名古屋間の2014(平成26)年10月建設着工予定の下で、JR…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

進化するホームドア ・ 雑感

◎ 近年、鉄道の安全設備の中で最も技術的に、また機能的に進化を示すのが、駅のホームにおける転落事故や列車接触事故の危険から乗客を守る「ホームドア」(ホーム柵)である。現在、鉄道各社ですでに設置済みのホームドアには、大別してフルスクリーン式と可動式(扉の横開閉式)の2種が存在するが、既設駅へのホームドア導入は可動式が主流を占める。ただ、こ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

企業風土一新へ~ JR北海道

☆☆☆ JR函館本線の大沼駅構内で起きた貨物列車脱線事故(2013.9.19・北海道七飯町)をきっかけに露見をした、その要因ともなったレール幅検査データ(数値)の改竄や線路の杜撰な点検整備および異常放置の問題に関連し、国土交通省から虚偽報告並びに検査妨害の疑いによる鉄道事業法違反および運輸安全委員会から虚偽報告の疑いによる同委員会設置法…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

タンク貨車の輸送事故に見る

日本でもメディアを通じて大きく報道された、昨年(2013)7月にカナダ東部のケベック州ラック・メガンティックで起きた原油を積んだタンク貨車を牽いた貨物列車が脱線爆発炎上した事故は、遠い地のこととて未だ記憶に新しいところであろう。この事故については、カナダ運輸安全委員会(TSB:Transportation Safety Board of…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

鉄 路 の 肖 像

━ 今を去る38年以上も前、日本の鉄道は一つの時代を終えた。1975(昭和50)年12月14日、日本における最後の蒸気機関車牽引の旅客列車(C57135が牽く第225列車)が国鉄室蘭本線の室蘭~岩見沢間を走った。  〈 室蘭本線室蘭~岩見沢間を走った日本で最後の蒸気機関車牽引の旅客列車 1975.12.14 〉  遠く明治の鉄道草創…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新幹線が紡ぐ遠距離恋愛寸描

☆☆☆ ― “シンデレラエクスプレス ” ―。 …かつてJR東海が1987(昭和62)年に展開したCMのキャッチフレーズで、遠く離れ離れに暮らす恋人たちが週末に出会い、短い時を過ごして別れて行く日曜日の夜の東京駅新幹線ホームで繰り広げられる恋のドラマを描いたCMだ。21時丁度の東京発新大阪行きの最終列車(〈ひかり289号〉)を前にした…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more