鉄道 ~ぶらり一景

これこそ人海戦術   ・  ・  ・
 電車とホームとの間に挟まれてしまった乗客の救出作戦が展開されたのは、2013年7月22日のJR南浦和駅(さいたま市南区)であった。
画像 人海戦術で電車とホームの間に挟まれた乗客の救出にあたる乗客たち・JR南浦和駅 2013.7.22
 同日午前9時15分頃、JR京浜東北線の南浦和駅ホームで大宮発磯子行き普通電車(10両編成)の4両目車両から降りようとしていた30歳代の女性の乗客が、電車とホームとの10㌢ほどの隙間に腰のあたりまで落ちて挟まれ、身動きができなくなってしまった。
 この時、ホームに居合わせた乗客がすぐに列車非常停止ボタン(ホーム上に設置)を押した。この状況に気づいた駅係員が、“人が挟まれています”との構内アナウンスをホームに流して現場へ駆けつけ、挟まれている女性を引き上げようとしたが、きつく挟まったままびくともしなかった。そこへ駆けつけた別の駅係員が、咄嗟に車体の側面に身体全体を押し当て、隙間を広げようと渾身の力で懸命に電車の車体を押したが、やはり無理だった。
 すると、この様子を眺めていた周りにいたホーム上の乗客たちが次々に手を貸して、駅係員とともに力を合わせ車体を傾けて電車とホームとの隙間を少しでも広げようと、車体に身体ごと手を押し当てて懸命に押した。こうした事態に乗っていた乗客も、車両が少しでも軽くなるようにと電車から降りて救出に加勢した。
 その甲斐あってか、幾分か車体が傾いてその隙間が広がり、挟まれていた女性の乗客は列車非常停止ボタンが押されてから約5分後に抱え上げられて、無事に救出された。この瞬間に、ホーム上には大きな拍手と歓声が溢れたという。救出された女性は、直ちに病院に運ばれたが、幸いに目立った怪我はなかった。
 挟まれた車両の重量は約32㌧、そんな重い車体を人の力だけで傾け、挟まった人を救い出した例はほとんど聞かないとJR東日本。レスキュー隊の到着を待つこともできたが、乗客たちが自主的に率先して力を合わせ電車を傾けて救出に当たったことが、結果として素早い救出へとつながった。当該電車の発車も8分ほどの遅れで済み、後続電車への影響もなかった。まさに、駅係員と乗客らが力を合わせた人海戦術の賜物だった。


 私たちの日常の生活には欠くことのできない、公共交通機関としての鉄道。日頃、密接に関わる中でさまざまな出会いや出来事への遭遇を通し、日々の生活に変化と潤いをもたらしてくれる鉄道。そうした鉄道に関連し、新聞の読者投稿欄に寄せられた鉄道に対する意見や要望、情景などのいくつかを、以下に紹介します。

鉄道 なじめぬ12時間制案内 (福島市 会社員男性39歳)
 東京から東北地方に赴任し、東日本大震災でなお復興途上の地を巡ることが多くなった。東北、山形新幹線に乗車する機会が格段に増えたが、何度か乗るうちに違和感を覚えた。
画像 時刻を12時間制で案内しているからだ。例えば、福島16時ではなく、4時と案内放送される。先日も北海道に向かった際、新青森駅手前付近で「新青森10時〇〇分着、急行はまなす11時〇〇分発」と車内アナウンスをしていた。青函トンネルを越えると日付をまたぐことになるが、12時間制ではどうしても混乱してしまう。
 東海道新幹線では、このような放送は聞いたことがない。JRが私鉄と異なるのは、深夜時間帯も長距離列車などが走るためだ。24時間制の方が常識だと思うが、なぜ12時間制なのだろうか。運転する現場には、事故や切符の誤発売も少なくない。これを防ぐ観点から見ても、12時間制を浸透させるのはやっぱり違和感を感じてやまない。
《 参考…現在の日本で使われている時刻表現は、1873(明治6)年1月1日に太陽暦の導入と同時に採用された西洋式の時刻である。鉄道における時刻表現は、1942(昭和17)年10月11日にそれまでの12時間制から24時間制へ移行(鉄道省時代)している。これによる鉄道の時刻表現では、“午前0時00分”を到着の場合には「24時00分」、出発の場合を「0時00分」と表現(表記)する。ちなみに、時刻表現の仕方を「時法」という。

人身事故 命の大切さ考えた  (東京都 男子高校生17歳)
 先日、私の通う高校近くの鉄道沿線で、立て続けに人身事故が起こりました。帰宅途中に事故が起こったので、友達たちと一緒に駅で運転再開を待っていました。
 友達が、「ほんと、迷惑なんだけど」と言いました。確かに、帰宅時間帯の事故なので、早く家に帰りたいという気持ちからそう思うのも無理はなく、私も一瞬その通りだと思いました。しかし、心ない発言にも聞こえました。そうせざるを得ない理由があったことへの配慮に欠けていたからです。
 今までのことを振り返ると、私も人身事故が起きるたびに、友達と同じように「また心身事故か」と突き放していたことに気づきました。戦争やテロで亡くなる人の命は悲しいし、切ないと思っても、人身事故については相手を気遣う気持ちすらありませんでした。命とは何なのか、改めて私に考えさせてくれる機会になりました。

列車火災 車椅子の人守って  (神奈川県 男子高校生17歳)
 JR北海道で列車火災が相次いでいる。トンネル内で車両が脱線、全焼した2011年5月の事故では、乗客が独自の判断で脱出、全員生還した。 《 参考…関連公開ブログ「〈スーパーおおぞら14号〉脱線・火災事故に寄せて」2011.6.11 》
画像 ニニウトンネル内で焼失したJR石勝線特急〈スーパーおおぞら14号〉・JR北海道 2011.5
 だが、もしその時、車椅子利用者がいたらどうなっていただろう。自力での避難は困難だったと思う。車椅子は重く、人力で地面に降りるには多くの人手がいる。砂利道のトンネル内を車椅子で移動することも難しい。車両連結部の扉は狭く、車椅子で通り抜けて隣の車両に逃げることはできない。逃げ道がなくなってしまう。
 私は、普段は多くの人に手伝って頂いて鉄道の旅をしている。だが、非常時には、それぞれが自分の身を守ることで精一杯だ。車椅子スペースを設けるだけでなく、最悪の事態を考えて車両連結部の扉の幅を広くするなど、車椅子利用者の安全を確保してほしい。
《 参考…JR北海道では、2011年5月に起きた石勝線の特急列車脱線・炎上事故以来、特急列車のエンジン部などから出火する事故が相次ぎ、今年(2013)に入っても7月までにすでに6件の出火事故が連続して発生している。関連公開ブログ「連鎖の列車火災事故・JR北海道」2013.7.14

汚れた床を無言で拭く女子高生 (東京都 無職女性72歳)
 所用で、JR成田線に乗ったときのこと。私が座っていると、途中駅でスーパーの買い物袋を持った50代ぐらいの女性が乗ってきて、向かいに座った。
 しばらくして、彼女の買い物袋から牛乳が流れ落ちているのに気づいた。電車の揺れとともにそれは広がり、たちまち床が真っ白になった。目を閉じている彼女に、2、3回声をかけた。彼女はやっと気づき、袋を整えたが、床にこぼれた牛乳はそのままに下車、立ち去ってしまった。
 すると、高校生らしい女の子二人が近づき、一人がタオルを持ち出して黙って床を拭き始めた。拭き取ったタオルを、とりあえず足元に置いて席に座ったところ、向かいの席の年配の女性が、タオルを入れるための薄いポリ袋を女生徒に手渡した。女生徒は、別々に途中駅で下車。汚れたタオルの入った袋を手にした子は、私がその行動をたたえると、はじらいながら降りていった。

スペイン列車事故の地を思う  (埼玉県 男子高校生16歳)
 スペインのサンティアゴ・デ・コンポステラという聖地の近郊で、聖ヤコブの日の前日に80人近い死者(注・79人)を出した鉄道事故(注・高速列車の脱線・転覆事故)のニュースを見たとき、私の頭に「神とはこんなむごいものか」という言葉が浮かんだ。
 サンティアゴはキリスト教の巡礼路の終着点で、私も昨年(注・2012年)の夏休みに歩いた。15歳の一人旅だったので、たくさんの人々に助けられ何とか800㌔を歩き通せた。出会いや別れ、交わした言葉の数々、一瞬一瞬は決して忘れることのできない宝物である。そして何よりも、巡礼の最後に、坂から見下ろした夕日に染まるサンティアゴの街並みは思い出すたびに胸が熱くなる。
 きっと、列車に乗っていた人々もサンティアゴの街や聖ヤコブ祭への期待に心を躍らせていたのだろう。長い歴史の中で、多くの巡礼者が感動を分かち合っていたあの街の周辺で、大惨事が起きてしまった。今後、こんな悲劇が起こらぬよう鉄道会社に対策を立ててもらいたい。 (注・当該事故に関しては末尾の“参考”の項参照)

画像
                 [ スペイン高速鉄道脱線・転覆事故・マドリード~フェロル間・2013.7.24
スペイン事故 宝塚線事故想起 (千葉県 無職男性75歳)
 スペインで重大な列車事故発生の報道があった。速度超過が事実なら、いくら標準的なレール幅(注・1435㎜)より16%以上広い広軌(注・1668㎜)でも、横転脱線事故は免れないと思う。8年前のJR宝塚線の脱線事故《 参考…2005(平成17)年4月25日午前9時18分頃、兵庫県尼崎市のJR西日本宝塚線(福知山線)塚口~尼崎間の曲線箇所で、7両編成の宝塚発同志社前行き上り快速電車が制限速度70km/hのカーブに大幅に超えた108km/hの速度で進入したため、前部5両が脱線して線路を大きく外れ、線路脇の9階建てマンションに激突して電車の運転士を含む107人が死亡し、500人を大きく上回る重軽傷者を出した列車脱線事故 》は、制限速度が70㌔のところを64%も超過した事故だったが、今回はそれより速い速度だったという。
 我が国の旧鉄道幹線は狭軌だったから、速度を重視した新幹線は別途に建設された。ヨーロッパ諸国は標準軌だから、直線が多い新線でも駅などは在来線と共用である。だから最新式の列車が、旧式の腕木式信号機の区間を走ることもある。しかし、問題はその安全対策であって、腕木式信号機の区間であっても自動的に速度を制限する装置は当然で、国によっては音声での警告も採用されている。
 専門家による事故解説では、スペイン特有の列車の構造などに原因を見ているようだが、本質的には宝塚線の脱線事故と同じで、超過した速度で急カーブに入れること自体が問題と思う。誤りを犯しやすい人間に運転を頼る限り、事故が起こり得る可能性があるのは当然である。
《 参考…「スペイン高速鉄道(AVE)脱線・転覆事故」~スペイン北西部のサンティアゴ・デ・コンポステラ駅から4kmほど南東部寄りのところにあるカーブで2013年7月24日20時40分頃(日本時間同25日3時40分頃)、首都マドリードからフェロルに向かう途中だった高速列車(機関車2両+客車8両の編成・乗客218人)が制限速度の80km/hを大幅に上回る190km/h近い高速で同カーブに進入して脱線・転覆し、79人死亡・130人以上が負傷する大惨事が起きた。原因は、列車が制限速度を大幅に超えてカーブに突入したためで、当該高速列車の運転士(52)が業務上過失致死傷の容疑で刑事訴追(6カ月間の出国禁止と運転免許停止を命じられ保釈)された。    (終)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック